青春ってやつの覚悟みせろ

スキなものについてスキなだけ語る

リアル脱出ゲーム「公安最終試験からの脱出」

安室の女にはなっていませんが、行ってきました。

…毎年コナン脱出に参加しているからであって!安室に釣られたわけでは!!ない!!!!

realdgame.jp

 

7月11日(水)16:00~に友人と二人で参加しました。この友人とはTMC公演の「不思議な晩餐会からの脱出」で、1月に記念すべき初脱出を果たしました。それからはお互いが就活などで忙しく、初脱出以来の参戦だったのでドキドキしていました。

 

平日の夕方公演だったのであまり人はいないかな?と思っていたのですが、受付を済ませ会場内に入ると、ほぼ満席でした。また9割近くが女性の方で、テーブルにも男性は1人いるかいないかという感じでした。その中でも私が気になったのは、高校生(下手したら中学生)~大学生の女の子が多い!!!いや~これが安室効果…恐るべし安室透。

 

 

それでは(ネタバレなしで)公演の感想を。

今回の全体的な進行は、オーソドックスなものとは少し異なっていました。最初にちょっとしたゲームのようなものがあり、その後いつも通り時間内に謎を解き明かす形です。最初のゲームも進行の一要素となってくるため、爆弾解除のタイムリミットは50分。

 私のテーブルは(恐らく安室効果で参加した)若い女性2人、脱出参加3~4回目のカップル、そして私達という構成。参加回数としては私が一番多く、残り(友人含む)5人はほぼ同じくらいでした。

 

結果は脱出失敗。

 

難しさと初心者の多さからか、約20チームが参加した中で脱出成功者はいませんでした。

どの公演でも、解説で必ず「えーーっ!?」となる場面があると思うんですけど(所謂大謎)、今回私のテーブルではそこは解けていたのですが、最後の答えを聞いて、なんというかもう脱帽…でした。こんなにも「あ~~~!!!」となったのは久しぶりで、初心に戻れた気もして(いろんな見方からでも)とても楽しかったです。

 

 

最後に反省やら、独り言やら。

正直、ゼロの執行人が大ヒットをして、安室効果で得た客はかなり多いだろう、とも思っていたので、参加するまで不安がありました。簡単だったらどうしよう、安室ファンほいほいみたいになってたらどうしよう、とかいうことを(笑)

しかし!参加してみると、そんな不安は覆されて初心の面白さを感じることのできる公演でした。自信をもってオススメできる公演なので、私と同じ不安のある方は是非参加してみてください~!

 

あとはチームになる人によって、脱出の成功率はやはり変わるな、と感じました。今回は初心者が多く、問題も難しい、さらにいつも以上にチームワークを必要とする公演で、指示内容が理解できなかったり、分担がうまくできなかったり。私と友人はもどかしく感じてしまう場面もありました。

ちょっと前の公演で、ヒントの有無で初心者とベテランをなんとなく分けていたと思うのですが(脱出経験を受付で聞かれたこともあった)、あの制度なくなったんですかね?(笑)今回の公演は特殊なのでヒントの有無で分けることはできなさそうですが、初心者が増えるということを分かっていたと思うので、何かしら対策をしてほしかったな、とも思います。

あとあれな!!SCRAP公式Twitterからも複数回参加について提言されていますが、何回も参加して楽しむものではないのでは??と思います。参加前はほいほい公演だと思っていたので、確かに推しが出てたら…と考えていましたが、参加した感想としては3000円払っての対価としては「うーーーん」となる、と私は思います。

人気が出るって大変だね。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村